ノイズキャンセリングヘッドホン【WH‐1000XM3】がめちゃくちゃすごい。【体験談】

すべて

この記事は約 6 分で読めます。

こんにちは岡です。
今回の記事では、超有名ノイズキャンセリングヘッドホンの【SONY WH‐1000XM3】の使ってみた感想と、メリット・デメリットについて書いて行こうと思います。

恐らく、この記事に来てくださったあなたは、購入しようか迷っているのではないでしょうか?
結論から言うと、買って損はしないですね。

この記事を読んで、購入を検討していただけたらなと思います。
買わないなんてもったいない。

それでは早速見ていきましょう。

SONY WH‐1000XM3を使ってみた感想

控えめに言って最高ですね。
何が最高かと言いますと、外出した際に周りの音が一切なくなります。

電車の音、自動車やトラックの走行音、足音などの環境音、すべてがなくなります。
と言うのも、ノイズキャンセリングがあるからなんですけどね。
ただ、ノイズキャンセリングだけですとさすがに周りの音は多少なり聞こえてきます。
音楽を流せば周りの音がかき消されます。

その前にノイズキャンセリングをご存じでしょうか?
ノイズキャンセリングと言うのは、周りの音の周波数と逆の周波数を流して打ち消し合うのです。

わかりやすく言いますと、全く同じスピードで走る車をぶつけあう感じですね。
全く同じスピードでぶつけ合うと同じ運動エネルギーですので、止まりますよね。(ぺちゃんこになるけど)
それと同じ原理ですね。

ただ、デメリットも存在します。

WH‐1000XM3のメリット

  • 作業に集中できる
  • 音質が良い
  • 遅延が少ない
  • 軽い
  • 生活音をはっきり聞くこともできる

ざっとこんな感じです。

「作業に集中できる」

音楽を流すと作業効率下がるんじゃないの?

研究結果により音楽を流すことで作業効率は落ちますが、別に音楽を流さなければノイズキャンセリングが起動しないわけではないので、そこはご安心を。

ノイズキャンセリング状態でもほんの少しは聞こえてきます。
どのくらい静かになるのかと言いますと、おおよそ図書館位ですかね。

図書館は静かとは言え多少なり物音はありますよね。
あんな感じです、
そして、冷房や暖房の”ゴー”と言う音は一切なくなるように感じました。
個人差はあると思いますけどね。

「音質が良い」

まあ、値段もそこそこするので音質はよくなかったら困ります。
重低音もよし、高音もよし。

百均などのイヤホンヘッドホンはかすれたような籠ったような音がしますが、このヘッドホンはかなりクリアな音質です。
iPhone付属のイヤホンを使って音質が良いと言っている方がいたら是非試していただきたいですね。
圧倒的に世界観が違います。

あと、周りの生活音が消えるので音楽の臨場感がすごいですね。
スピーカーしかない部屋に閉じ込められて音楽を聴かされている感じです。

「遅延がほとんどない」

ここで言う遅延と言うのは、Bluetooth接続時の音ズレのことですね。
3000円くらいのワイヤレスイヤホンを買ったことがあるのですが、そのイヤホンの音質はもちろんあまり良くないし、なんといっても音ズレが酷かったです。
およそ0.5秒くらいあった気がしますね。

僕としましては、イヤホンなら有線が良いですね。
音ゲーやるにもタイミングがズレてミスってしまうし、YouTube見るにも投稿者がしゃべっているときに音を置き去りにしていました。
正直気持ち悪かったです。

絶対にワイヤレスイヤホンはもう使わない。

「軽い」

確かヘッドホン業界の中でもかなり軽かったはずです。

色々ヘッドホンを試してみましたが、使っていると重くて首は疲れるし、頭が痛くなってきます。
ですが、WH‐1000XM3はなかなか首がつかれませんでした。
でもやはり普段の生活に重りを乗せているようなものなので、長時間使っていると多少なり首に負荷がかかっていると感じました。

ヘッドホンの接地面による痛みは感じませんでした。
クッションが入っています。

「生活音をはっきり聞くこともできる」

ノイズキャンセリングのほかに意外と知られていない機能があって、その機能は「ANBIENT SOUND CONTROL」と言う機能です。
ノイズキャンセリングは逆の周波数を流すのに対して、ANBIENTは同じ周波数を流すことが出来ます。

要するにノイズキャンセリングの逆です。
なので、ヘッドホンをいちいち外さなくてもマックのオーダーを取ることが出来るし、冬場の寒い時に耳あてのような感じで使うこともできます。

これはかなり良いですね。

WH‐1000XM3

  • 耳が変な感じになる
  • ノイズキャンセリングに慣れるまで時間がかかる
  • 耳がかゆくなる
  • 高い
  • 寝ながら使えない

「耳が変な感じになる」

耳が繊細な人にはノイズキャンセリング機能が合わないそうです。
変な感じと言うのは、例えば、山登りや気候の違う地に行ったときに耳に圧がかかりますよね。
あんな感じのものがずっと続きます。

僕は繊細ではなかったみたいで大丈夫だったのですが、兄がダメだったっぽいです。
ただ、音楽を流せば気にならないと言っていました。

「ノイズキャンセリングに慣れるまで時間がかかる」

先ほどの「耳が変な感じになる」と言うのに繋がるのですが、動物の体と言うのはその状況に慣れようとするので、使っているうちにノイズキャンセリングにだんだん慣れていきますが、やはり数日は必要な様です。

「耳がかゆくなる」

長時間の使用をすると、だんだん蒸れてきてかゆくなります。
まあ、どのヘッドホンでもなることですけどね(笑)

「高い」

やはり使用する上では一番の欠点なのではないでしょうか?
初発売の時には26000円ほどで買えましたが、やはりかなり人気なので現在では33000円ほどします。
そして、まだまだ人気は途絶えないと思うので、買うならば今のうちですね。
数か月後には2000円とか上がっていますからね。

確か2019年の11月ごろは31000円でしたが、現在2019年2月は33000円です。
※Amazon価格です。

新製品が安いケーズデンキでは45000円ほどで売っておりました。
店舗で買うとかなり高いので買うならばアマゾンなどをお勧めします。

「寝ながら使えない」

僕はアニメを寝ながら見ているのですが、これは結構つらいです。
寝ながら見れないといっても、横たわる事が出来ないだけですので、タブレットPCを吊るして見る時には使用可能です、

体を横にしないのでね。

寝るときなどイヤホンをしながらスマホを見る方もいると思いますが、あれが出来ないんですよね。
ちょっと残念。

まとめ

この記事はこれで以上となります。
今回紹介したWH-1000XM3の内容は以下の通りです。

  • 使ってみた感想
  • メリット
  • デメリット

この先どんどん高くなっていくと思うので、買おうか迷っているのであればさっさと買ってしまった方が良いですね。

どちらにせよコストはかなり高いです。

と思って楽天を調べてみたらアマゾンより安く買えるっぽいです。
アマゾンは33616円に対して、楽天は33000円ジャストで買えます。
しかも学割もあり、ポイントも付く。

買うのであれば楽天ですかね。

2020年3月での値段がAmazonで買う方が安くなっておりました。

≫WH-1000XM3

それでは今回の記事はここまでです。

またどこかで会いましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました