【医学的理由がアル!】アニメや漫画が国語の勉強になる理由を紹介!

すべて

この記事は約 7 分で読めます。

こんにちは岡です。

今回の記事は【 【医学的理由がアル!】アニメや漫画が国語の勉強になる理由を紹介!】と言うテーマでお話ししていきます。

 

世間ではアニメや漫画は頭が悪くなると言われがちで、この前喫茶店に行った僕も耳にしました。

「うちの子が毎日漫画やアニメを見て、頭が悪くならないか心配だ」と。

 

結論から言ってしまうと、実はアニメや漫画は国語力を鍛えることができるんですよね。

 

僕は小学、中学と勉強をおろそかにしていましたため、今でも語彙力などがあまりありませんが、文章を書くことは一般人以上にできるようになりました。

現に、このように記事を描くことができています。

 

これはすべてアニメや漫画を通して得たものなのです。

 

自分語りはおいておいて、早速アニメや漫画が国語力を鍛えることができる理由について見ていきましょう。

アニメや漫画が国語力を鍛えることができる理由を解説!

ではこれから、アニメや漫画がなぜ国語力を鍛えることができるのかを医学的根拠をもとに解説していきます。

また一度に解説してしまうとこんがらがってしまうかもしれないので、それぞれ2つに分けて紹介していきますね。

 

まず初めに漫画で鍛えることができる理由を紹介します。

漫画が国語力を鍛えることができる理由とは?

漫画が国語力を鍛えることができる理由ですが、それは単語の使い方、どの場面でその単語を使うのか、また表現の仕方などがイラストによって視覚的にわかるからです。

他にも、伏線の考察や、次の展開の予測などの思考力を身に着けることも可能なのです。

 

実は、小説やライトノベルなどの文字だけの物よりも、漫画のほうが頭がよくなるそうです。

ちなみにソースは世界一受けたい授業です。

2013年の物ですね。東京大学卒の茂木健一郎さんが言っていたみたいです。

 

茂木さんが言うには「漫画を読んでいるときは、右脳でイラストを視覚としてインプットして、左脳で文字を読み、ストーリーを理解する。

さらにその情報を右脳でイメージすることによって情報処理が行われていると考えられいる。

そのため、漫画を読むことで脳が活性化される。

またある調査によると、60秒で人が情報処理できる量は、読むことが1000文字に対して、漫画など絵で見ることは2000文字相当の情報を処理できるというデータがある。」

 

だそうです。

 

本題に戻りますが、注意点もありまして、最近は同じようなストーリーの描写の漫画を目にすることがあります。いわゆるなろう系というモノなのですが。。。

なろう系の作品はどれも使い方のうまい表現があまりなく、勉強に向いているかと言われればうなずくことはできません。

アニメが国語力を鍛えることができる理由とは?

続いて、アニメが国語力を鍛えることができる理由について解説していくのですが、要点は漫画と同じで、言葉の表現、使い方、場面となります。

プラスαで、その場での的確な動作などがありますので、より印象的に勉強することができます。

 

端的に言えば、漫画の上位互換でしょうか?

 

地上波ならば無料で見れますし、楽しいと同時に学ぶことができるなんて一石二鳥すぎますね。

 

ということで、アニメや漫画が国語力を鍛えることができる理由について解説してみました。

思ったよりも当たり前な事柄ですね。

 

続いて学ぶのにおすすめ、かつ、秀逸なアニメ作品をいくつか紹介していきます。

学ぶのにおすすめなアニメ作品

ではこれから、学ぶことのできるアニメ作品を生粋のアニオタである僕が紹介していきます。

そして、今回紹介するものはこちらの記事の内容を一部抜粋したものとなりまして、次のようになります。

  1. CLANNAD
  2. 不滅のあなたへ
  3. Angel Beats!

CLANNAD

CLANNADはアニメの代表作と呼ばれるほどの作品で、アニメ好きでは知らない人はいないと思います。

CLANNADでは第一話から伏線が多く、家族や人間関係について書かれている作品です。

 

伏線がたくさんあるので、どこへつながっているのかなどを考えることができます。

また、その場その場での言葉選びなどもとても考えられていて、この作品から学べることは多いです。

不滅のあなたへ

『不滅のあなたへ』は2021年にアニメとして地上波放送され、一躍有名になりました。

『不滅のあなたへ』では人ではない何かが言語を学び、感情を学び、家族を知ったりする物語です。

 

この作品は物を例えるのがとてもうまく、良作のそれでした。

つまり、比喩、隠喩などを学ぶことができます。

 

また、土地によってちがう価値観も描写されており、物事の考え方、とらえ方も学ぶことができます。

Angel Beats!

Angel Beats!は歌って踊るみたいな感じのタイトルですが、歌う要素はあっても踊る要素はありません。

むしろ銃撃戦などがあります。

 

Angel Beats!はCLANNADと同じ作者であり、鬼滅の刃で超絶人気になったLiSAさんの原点ともいえる作品です。

この作品では、その世界が一体どういうものなのか、生きる理由とは何なのかを学ぶことができます。

 

余談ですが、僕のアニオタ生活の始まりはこの作品からなのです!

最後に

ここまで見てくださりありがとうございました。
本記事はこれで終了となります。

 

この記事では、【 【医学的理由がアル!】アニメや漫画が国語の勉強になる理由を紹介!】というテーマでお送りしましたが、あなたのお役には立てそうでしょうか?

 

正直、僕は文章を書くのが人一倍苦手でしたが、漫画やアニメをたくさん見たことによって、表現の仕方などがうまくなっていて驚いたことすらあります。

中学生の時ですら2重表現を使っていましたからね。

 

それが改善できるのですから、アニメや漫画は本当に語学の勉強になります。

 

また、余談ではございますが、先ほど紹介した3つのアニメはいずれもU-NEXTというサービスで見ることができます。

しかもU-NEXTでは無料登録時に600ポイントもらうことができますので、お好きな漫画なども1巻無料で読むことができて大変お得です。

 

ちなみにこのサービスは業界で最も作品数が多く、4K高画質でも見ることができますのでかなり重宝しております。

ぜひお試しあれ!

U-NEXTでアニメを見て国語を学ぶ!

 

また僕がおすすめするアニメ作品を紹介している記事もございますので、ぜひご覧ください!

絶対に見てほしいおすすめアニメランキングトップ5!150作品見てきたアニオタが語る
こんにちは岡です。 今回の記事では、今までで150作品以上のアニメを見てきた僕がおすすめするアニメを紹介します。 あくまで個人的な内容ということと、僕が見てきたアニメの中での紹介となっております。 アニメの好き嫌いは人それぞれある...

それではまたどこかでお会いしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました