URLを見て!|SMSなどの詐欺・迷惑メールを一瞬で見分ける方法を紹介!

すべて

この記事は約 9 分で読めます。

迷惑メールが最近よく来るんだけど、これは本物の業者なのかな? 一見するとわからないけど、どうやって見分ければいいんだろう。 何かいい方法があれば教えてほしいな。

岡

かしこまりました! そのお悩み、僕が解決いたしましょう!

 

 

こんにちは岡です。

今回の記事は【 URLを見て!|SMSなどの詐欺・迷惑メールを一瞬で見分ける方法を紹介!】と言うテーマでお話ししていきます。

 

最近、テレビなどの報道やTwitterなどでもよく目にするのですが、SMSでの業者を装った詐欺メールなどが多発しているそうです。

 

それに引っかかってしまい、悲しんでいる方も少なからずいるらしく、大変許せないなとこの記事を作成してみました。

 

さて本題ですが、SMSやGmailでの業者偽装、詐欺メールを見分ける方法は、【URLを確認する】 のみです。

 

これだけではわからないと思いますので、これから詳しくお話ししていきますね。

この記事を読むことのメリット

この記事を読めば詐欺メールに引っかかることはほぼ100%なくなり、安心することができる。

 

この記事はこういう人向け

  • SMSに届いたメールが詐欺か詐欺じゃないかを確かめたい人。
  • 本当のメールだったらどうしようか、悩んでいるし不安な人。

それでは早速見ていきましょう。

詐欺メールの見分け方は簡単! URLをチェックしよう!!

記事冒頭分でも述べましたが、詐欺メールを見分ける方法はURLをチェックすることのみです。

 

その前に、以下のような疑問がありませんか?

チェックってどんなことをすればいいの? 無料なの? あと、URLってよく聞くけど、いったいなんだろう? そこらへんがあやふやです…

こんな疑問があるならば、チェックなどをする前に覚えておく必要がございます。

 

 

覚えると言っても、難しいことは一切ありませんので、ご安心ください。

 

難易度で言えば1+1=? といった問題程度です。

そもそもURLっていったい何なんだ?

URLはuniform resource locatorの略なのですが、そんなことはどうでも良いです。

 

最初にURLは文字列であり、文字列のパターンは、「https://abcdefg.com/」みたいなものです。

これは詐欺メールにも同じようなものが記載されていますね。

本題ですが、 URLというものを簡単に説明しますとネット上の住所みたいなものです。

 

例えば、現在あなたが実際に住んでいる家の住所は、世界で一つだけの住所ですよね? 同じ住所は存在しませんよね?

 

もしも同じ住所があるとしたら、「…ん? は? 意味が分からない?」ってなりますよね。

 

それはURLも同じことで、URLは1つだけであり、2つ以上絶対に存在できません

 

ここで抑えていてほしいのは、『同じURLは絶対に存在しない』というところです。

 

これ、超ウルトラ大事なので、これだけ覚えていてください。

 

2つ以上存在することができませんから、チェックすることはたやすいですね。

URLをチェックする方法はウルトラ簡単!

それでは本題の、URLをチェックする方法について紹介していきます。

 

こういったものは、「有料」とか「ツールを使う」とか思われがちですが、URLを見るだけで分かりますので、ご安心ください。

 

さて、下の画像なのですが、先日私のところに来た詐欺メールとなっております。

ここで騙られている会社名を見てほしいのですが、『佐川急便』とありますね。

 

それでは、実際に佐川急便のURLをチェックしてみましょう。

https//www.sagawa-exp.co.jp/

こちらが正真正銘、佐川急便へアクセスするためのURLとなっております。

 

そこで注目してほしいのが、青下線の部分です。

 

では青線についてを紹介するのですが、これが最重要であるため、絶対に覚えておきましょう。

 

先ほどURLは住所だという話をしましたね。

その住所というのが、青線の部分となっております。

 

では、詐欺メールに記載されているURLと、本物のURLを比較してみましょう。

 

本物: https://www.sagawa-exp.co.jp/
偽物: http://jpsccsoixz.duckdns.org/

先ほど、マーカーで記したところを比較してみると、文字列が全然違うのが分かりますね。

 

『同じURLは存在しない』と先ほど申し上げた通り、全然違ったものが記載されています。

これだけのチェックで、本物か偽物かが分かるのです。

 

 

とっても簡単でしょう?

 

怪しいと思ったら、まず本物のURLを調べてみて、比較してみてください。

ですが、こういう場合は要注意です!!

またまた違うメールにて、以前こんなメッセージが届きました。

※リンクは安全ですが、まだ押さないでください。

 Amazonの支払いにて、決済できないエラーが発生しました。 もう一度ご確認ください。
https://amazon.co.jp/

これがかなり厄介なのです。

 

 

では、このリンクをタッチしてみて、その後また戻ってきてください。
リンクは安全です。 ご安心ください。

 

良いですか?

 

「あれ? アマゾンじゃない…? 岡さんのサイト?」

と思いましたか?

 

そこで、本物のAmazonのURLを確認しても、まったく同じ文字列が…

では一体どうやって見分ければいいのでしょうか?

 

その答えはURL長押しをしてみることです。

岡

上のURLで実際にやってみてください!

URLを長押しをすると、ポップアップで実際の文字列が表示されます。

確認してみると、AmazonのURLとは全く違うものが出てきましたね。

 

ではもう一度やってみましょう。↓

これは僕のサイトのURLであり、リンク先はAmazonですので安全です。

今度はAmazonのURLが表示され、Amazonのサイトにアクセスすることができますね。

 

このように、文字列にURLをかぶせることもできるのです。

 

つまり、何がいいかといいますと、 『記載されているURLが同じでも、少しでも怪しいと思ったらURLを長押ししてみる!』ということです。

 

はい、というわけで詐欺メールなのか、本物なのかを見分ける方法を紹介しました。

まとめると以下の通りになります。

URLを本物かどうかチェックする方法まとめ!

・まずは、https://の後の文字列を確認してみる!
・URLが本物のサイトと同じだった場合、URLを長押しし、被せてないか確認する!

 

 

それでは、おまけというか、注意喚起といいうか、詐欺メールによくある事柄をまとめてみました。

詐欺メールによくある事柄

詐欺メールや業者を語ったメールによくある事柄は以下の通りです。

  1. 金銭関係
  2. 佐川急便などの業者の名前を騙る
  3. URLが本物の会社と全然違う
  4. URLの文字列がよくわからない文字列

それでは詳しく見てみましょう!

金銭関係

まずは代表的なものから。

岡

詐欺メールをする目的は、キャッシュカードなどの情報を抜き取り、勝手に使用するのが目的です。

ですので、「支払いがまだできていない」などの金銭関係のメッセージがよく来ます。

佐川急便などの業者の名前を騙る

そして2つめ、佐川急便や、appleなどの信頼のできる会社名を名乗っていたりもします。

 

ではなぜ名乗っているのでしょうか?

 

それは 宅配業者を名乗っている場合、住所を抜き出して、その住所を犯罪組織に売ったりして稼いでいるのです。

 

悪用しないでくださいね…?

 

また、 appleなどはapple IDを盗み、勝手に課金をしたりするのが目的で情報を抜き出します。

URLが本物の会社と全然違う

先ほどもURLの話をしましたね。

しつこいようですが、この記事を見たからには、『URLは同じものは存在しない!』ということを覚えて帰ってもらいます。

何もなしでは返しませんよ?

 

話がそれてしまいましたが、詐欺メールの90%はURLが本物の会社と全然違います。

 

ですので、詐欺メールが届いたら本物の会社と比較をしてみましょう。

URLの文字列がよくわからない文字列

本物の会社の場合は、会社名がURLに記載されています。

AmazonのURLにはAmazonと入っていますし、佐川のURLにはsagawaと入っています。

 

ですが、詐欺メールはhasldutlなどと何の意味もない文字列となっております。

これも見分けるポイントですね。

まとめ

ここまで見てくださりありがとうございました。
本記事はこれで終了となります。

 

この記事では、【 URLを見て!|SMSなどの詐欺・迷惑メールを一瞬で見分ける方法を紹介!】というテーマでお送りしましたが、あなたのお役には立てそうでしょうか?

 

また、本記事の内容は以下の通りです。

本記事の内容

  • 詐欺メールの見分け方は簡単! URLをチェックしよう!!
  • 詐欺メールによくある事柄

この記事で紹介した事柄が、迷惑メールや詐欺メールを見分けるすべての方法となっております。

 

・まずは、https://の後の文字列を確認してみる!
・URLが本物のサイトと同じだった場合、URLを長押しし、被せてないか確認する!

要点はこの2つだけ。

 

これだけ注意してください。

あと、『URLは同じものは存在しない!』これは絶対に覚えてください。

 

他の人にも教えてあげたい場合は、ぜひこの記事のURLを共有してみてください!

 

また、なぜあなたのスマホのもとに詐欺メールが届くのか、その理由についても解説していますので、ぜひご覧ください!

【記事作成中】

コメント

タイトルとURLをコピーしました